スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マイケル・ジャクソン - もし黒人の大統領が20年早く生まれていたら

中学生だった時の僕は、マイケル・ジャクソンのムーンウォークをマスターしようとする友達と一緒に学校の中のつるつるの床を探して何週間も練習した。上履きのゴム底はすべりが悪いし、柔らかくてつま先立ちもやりにくかった。高校生になってその友達がビートたけしのダンス甲子園の決勝に出ているのをテレビで見た。ものすごく真剣に踊っていた。僕ももう少し大人になって初めて革靴を買ったときは、ムーンウォークを試してみた。ポップ音楽に美があるとすれば、ダンスビデオを含めたプロモートで人をブルブルさせた彼はその発明者だったかもしれない。また黒い肌で踊っても心を振るわせることができた革命者でもあった。

アメリカ人にとってスター中のスターはやはり大統領だろう。マイケル・ジャクソンはオバマが演題に立って何万人もの聴衆を見下ろしてスピーチする姿をどう見たのだろう。自分がさらなる美を追求して肉体を改造している間に黒人の大統領が誕生するなんてことは思ってもみなかっただろし、そういう自分のことは脇に置いて純粋に彼の達成を称えることは、口でコメントすることなら簡単でも、同じスターの位置に立つ者としては難しかったかもしれない。スターはそういうことに拘ってこそスターたるんだろうから。

もし黒人の大統領が20年早く生まれていたら、彼の美の追求先も今とは違ってもいたかもしれない。だけど、そこまでは彼が引き受ける話ではないよ。彼がときにはそういう自分の矛盾を素直におどけてみせた曲を発表したり、ジョン・レノンのイマジンのように普遍的な道徳を歌い上げていたりしたことを思えば、さらなる美を追求しようとして副作用に苦しんでいたことを、亡くなってからはやし立てるのはよそう。あの年で人生に落ちがついてしまった理由をそこに求めて納得するのもやめよう。ロボットのような姿がおぞましいだなんて、偏見のなくならない世の中に住んでいることを分かっている人なら感じないはずだし、僕はただ切なくなるだけだったんだ。

「自分もエルビスの様な死に方をする」(CNN)と、エルヴィス・プレスリーの娘のリサ・マリーは結婚時代に言われたそうだ。すぐ別れたし、まったく一緒に住んでなかったという話もあるが、マイケル・ジャクソンとして美を追い求めていくパートナーとしては、「You Are Not Alone」の動画を観ると感じる。

youAreNotAlone.png :YouTube

岩山の頂上に神殿を建てるのが好きだった古代ギリシャ文明は、肌の色以前に市民でなければ奴隷である。またオリンピックは全裸でやっていたように裸体=美である。そんな、欧米文化のルーツでもあるような場所でヌードで向き合う二人は、もはや肌の色を超越しているのだろう。この作品をプロモートした人物がそれを意識していなかったというなら嘘だ。

彼がそこに達したかどうかは、後の世の人々が彼という人物をどう受け止めるか次第だが、いずれにせよ、最後まで人々の脳裏に焼きついて残るのは、指先の動きまで神がかった電磁波にまとわれるかのように軌跡を引く、白い肌にくすみのないダンス姿の彼なのだ。その軌跡は死後も引かれ続けていくのであり、彼は自分の作品の力で望みをかなえるのである。伝説となる人間は、自分を老人になるまで生き延びさせないのだ。





スポンサーサイト

「Windowsありがとう」キャンペーン 予約できた

MSKK、Windows 7の日本での販売価格とキャンペーン施策を発表--でも、発売日は? - builder by ZDNet Japanにある下の発表画像で価格が出た。
090626_win7mkt015.jpg

Microsoft Windows : Windows LIFE WITHOUT WALLS 壁のない世界へ - Windows 7 オンラインだけの先行予約が今日から先行予約キャンペーンでこの値段。

product_pro.jpg

だいぶ安い。先着順なのでどのリンク先もHome Premiumはすでに今日一日で売り切れのようだが、Professionalはまだ比較的マイナーなショップでまだ予約できた。セーフ。

VistaのHome Premium版ではユーザーグループでTelnetClientsを追加できなかったので、PCにtelnetサーバーのサービスを上げてもログインできなかった。Windows7でもそうであろうという予測と、自前ソフトの動作確認ができるかもしれないXPモードはProfessionalにしか付属しないので。




KIMBO GOLD MEDAL


これ系といえばもうラバッツァだが、これも悪くない。白いパッケージのイメージどおり、クセがなくマイルドだ。特徴がないというか印象に残らないというか、ラバッツァのかげにかくれ、そんな2番煎じな気がするのは気のせいだ。とはいえ、味がよく似てるのは1番を追いかけているからなのかもしれない。

でも日欧商事さん、「エスプレッャRーヒー」って何ですか?
















悠ゆう工房 ドイツブレンド


エスプレッソで飲んでる(といっても薄めて)というとしっかりイタリアンローストで、あと10数秒でもうアイスコーヒー用になるくらいだよっていわれるくらいに焙煎してくれた。
HARIOの手回しでいっぱい近くまで細挽きにすると、小麦粉みたいに細かくなってしまい、なんだか焦げ臭くなってしまった。豆はマンデリンが中心のブレンドで油もよく出てテカっているが、いい豆だと思う。今度行くときはフレンチローストにしよう。
















LIONコーヒー バニラキャラメル味

コーヒーカップを口元に運び、強いバニラとキャラメルの香りをかぐと、肌に感じる明るい太陽と熱い空気、目に入る濃い緑の椰子の並木を思い出すかもしれない。(ハワイに行ったことはない)。

しかし、過ぎ去った時間が味付けした憧憬と今ある目の前の現実とはいつも噛み合わないものだ。
このケミカルな風味は部屋で飲むにはあまりにジャンキーで、ハワイ産といっても豆の風味はどこかにいってしまうほどのパンチ力だった。














ttler → TTLメーカーにリニューアル中

ttlinputfile.png
という、引用符が連続したりネストしているコマンドをTTLマクロで送信したい。

TTLマクロファイルでsend関数ないしsendln関数にパラメタとして渡すには文字列全体を引用符で囲まなければならないが、そうすると「'」でも「"」でも囲む範囲の開始と終了がずれるのでマクロエラーになる。

ならばマクロファイル化するときに自動的に複数行に分解してしまおうという発想で、
出力結果はこんな感じ。
ttl_outputsamp.png

サンプルソースはこんな感じ。
var sfs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var s = sfs.GetFile("ab.txt").OpenAsTextStream(1);
var f = s.ReadAll();s.Close();
  ファイルを読んで閉じてから、
var q = qType(f);
var ar = f.split(q);
var arlen = ar.length;
if(arlen ==1) document.write(ar);
else{
var qq ;
for(var i=0; i < arlen ; i++){
ar[i] = /['"]/.test(ar[i]) ? ar[i] : q+ ar[i] +q;
qq = qType(ar[i]);
qq = (q != qq) ? qq : q;
document.write("send "+ qq + ar[i] + qq +"<br>");
if(i == arlen-1) document.write("send #10");
}
}
function qType(s)
{
var dq = s.indexOf('"');
var sq = s.indexOf("'");
var iq = "'";
if(sq != -1){
if(dq == -1) iq = '"';
else if(sq < dq) iq = '"';
}
return iq;
}




mirrorMan2.07 xdoc2txt→DFでデグry

DFアイコンを2回クリックしてファイルを選択する場合の機能、バイナリファイルやUnicode、EUCのファイルをDF.exeでみるときにテキストダンプしてから表示するのがデグッていた。
拡張子を.txtに変えたファイル名をDFに渡していたのでDFからそんなもんありませんエラーだった。

また、拡張子名が取得できないファイル名もxdoc2txtは動作しないのではじくように変更した。
    var txtfnm = sfs.GetBaseName(fnm) +".txt";
if(ssh.NameSpace(lFol).ParseName(txtfnm))
if(6 != wsh.popup(txtfnm +
"\n\n拡張子がtxtのファイル名はxdoc2txtで使用します。"+
"上書きしてもよいですか?",0,title,36))
return title = fds.titleName;
if(! sfs.GetExtensionName(fnm)){
wsh.popup("拡張子が取得できないファイル名は実行できません。",0,title,64);
return title = fds.titleName;
}

また、削除はごみ箱へ移動なので、しまったと思ったらファイルは既に黄泉の彼方ということもなくなった。
    if(6 == wsh.popup(
"xdoc2txtのダンプファイル\n\n"+ txtfnm +"\n\nを削除しますか?",0,title,36)){
ssh.NameSpace(10).MoveHere(txtlPth, 64);
ssh.NameSpace(10).MoveHere(txtrPth, 64);
loadItms(1);
}

PowerShellを勉強するかJavaScript2を待つかどっちか迷っている。
一度に複数を勉強すると、応用的な面に触手を伸ばすエネルギーが落ちる。

ヨーロッパ向けWindows7は独禁対応としてIEのバンドルを外すというアナウンスがあったが、
Tridentエンジンはどうなるのだろうか。HTTPのダウンロードとか、はたまたMSHTAはどうなってしまうのか。



『1Q84』村上春樹 誰にどこまで届いたのかは知らない


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 2


昔、『100万回生きたねこ』という絵本を読んで詩を書いた。空を舞うように風に乗せて言葉を届けられればいいのになと思った。登場人物のことはここには書けないが、ネットといえばパソ通、パソ通といえばニフティサーブのころだった。



言葉は「言の葉っぱ」と書く。

当時、通信ソフトといえば等幅フォントだったから、葉っぱの形をしたメッセージ、というわけでネットの電波にのせて飛ばしたのだった。誰にどこまで届いたのかは知らない。すごく気に入ってデスクトップに貼り付けてる、という人もいた。





春が訪れて夏が過ぎ、秋が終わって冬になりました。この年にもさよならです
今年もいろんなことがありましたが、どれもこれもよい思い出ばかりです
大切なあなたと、来年も変わりのない年が送れるように祈っています
冷たい空気を吸い込んで身をひきしめ、あなたのことを思います
もう蕾は来年の準備をはじめながらきゅっと縮まっています
きっとまた、春にはきれいな花を咲かせているでしょう
強風に吹き倒されようとも雨に打ち倒されようとも
きゅっと縮まっていた蕾の頃を思い出しながら
柔らかな花びらを開いていることでしょう
冬の支度は十分にしておいてください
春への備えを十分にしてください
蕾をみてはあなたを思います
大切なあなたを思います
変わらず訪れる年を
蕾とともに謹み
祈ってます
冬風に









もとへ
parabe









フランフランの大ポリカゴでカーゴ自転車


タイヤの小さいBSモールトンはカーゴ自転車でもあるのだ。買って数ヶ月、毎週末には大活躍のフランフランのカゴはちょっと大きくてサドルに重なってしまうけれど、柔らかいポリ製なのでゴム紐で縛ってしまえばひどく揺すらない限りずり落ちたしない。
近所のディスカウント店で買った生活用品のティッシュ10箱やコーラのペット、ワイン1本、シリアル、その他諸々を積んでも平気のへであり、洗濯物なら7kg分満載でも余裕のリーサル兵器である。






LX3スペシャルソフトケース

LX3_softCase01.jpg

コーヒーカップの上に乗せて撮影。天気は雨が降りそうな曇り。

露出を高めに補正して、トイカメラモードで四隅に影をつけ、色の強さとトーンカーブをデフォルトに戻し、シャープネスをかなり強めで現像してみた。

背景のボケとかフェルト素材の色とかベルトの光の反射とか、LX3はコンデジなのに写真が上手くなったかと思ってしまう。





while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。