スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



田母神氏 大人のマナー

大人のマナー、というと「おまえがいうな」と思わずつっこみたくなるCMを思い出すが。
田母神氏を支持するか否かについて真っ向から反対の意見を述べているこの両氏の記事、
どちらも読めばなるほどと思う。

  善人で国民の安全を守れない国家よりは・・・ - 軍事評論家=佐藤守のブログ日記

自衛隊は創設以来「四面楚歌」、正しく評価してくれるのは皮肉にも、海外に派遣されたときの「派遣先の外国人」くらいである。悲しいことに、自国民から軽蔑?され、袋叩きにあっても、じっと耐える以外にはない。自衛隊が「耐えられない」ということが何を意味するか!これほど危険なことはない。故に私の現役時代には、武器を持つものの心構えを説き、日教組教育を受けて育った若い隊員たちを教育し続けてきた。

『ペンは剣よりも強し』というが冗談ではない。剣が「鞘に」収まっているという条件があればこそ、それは成り立つのであって、思い上がって鞘から抜かせてはならないのである。


  オバマ政権とアフリカ政策:NBonline(日経ビジネス オンライン) 伊東 乾

私は「かつて日本はアジアの解放者で、日本軍は解放軍だった」と主張する何の根拠も持っていないし、正直そこに力瘤を入れるつもりがありません。過去を強調しても現在そして未来のプラスに直結しなければ、意味を見いだせないからです。

 むしろ「今、そしてこれから未来のために、日本はアジア・アフリカ・ラテンアメリカを含む国際社会で、いわれなき不平等や植民地支配の残渣を払拭することに力を使い、真の共存と共栄を実現するべく、一日本人として微力ながら貢献もしたい」と考えますし、実際そのように行動しています。

 彼方此方の国でこういう話をして、胸襟を開いた末に、意図や思いがきちんと通じなかったことは、今のところ一度もありません。


マナーもモラルも何もなくなるような、生と死が隣り合わせの極限状態の記憶を繰り返さないために、どちらも海外からの目線に立っているところが気になった。
大人はメリットがなければ、わざわざ第三者の視点から自分の行動を考えるという面倒なことはしない。メリットのあるなしで行動が食い違ってしまえば、言論の自由とか立場をわきまえろなどといっても、大人同士でこれはもう物別れになる可能性が強くなってしまう。「大人のマナー」は平和のためです。メリットじゃないす。フェンス立てるな。

スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。