スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



HARIOドリッパー

紙ドリップに豆を入れずにお湯を入れると、わずかに紙の匂いがお湯に移っているのがわかる。それでコーヒーがまずくなっているかというと、はじめからそんなものだと思っているので微妙だが、取り除いておいしくなるのならとやってみた。

HARIOのカフェオ、既に旧型になっているが、ステンレスメッシュのドリッパー部品は同じもののようだ。サイトには、

コーヒー豆に含まれるオイルやアロマをしっかりと抽出できるので、 ペーパーフィルターに比べ、まろやかで深みのある味わいになる。

とある。


メッシュのところに直接お湯をかければ当然そこから落ちるので、下からピチャピチャ音がした。
豆の上に注げば豆が壁になり、中細挽きでの染み出しはむしろ紙よりゆっくりで、適温よりぬるくなってしまった。




実際、染み出ているのは下の方ほど水圧が強くなる物理の法則どおりで、紙がカップに密着しているのとは違うようだ。
極細挽きで染み出しにくくして、密閉して空気を送りこんでやればエスプレッソマシーンになったりして。

肝心の味の違いはというと、紙の匂いがコーヒーの味に決定的な違いを与えるわけではないというのを確認。豆の脂っ気や粉末化した豆のとろとろ感も含めて楽しみたいならこれはありという感じか。

スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。