スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リアサスのボルトの緩み

サドルを持ち上げて後輪をタップさせるとカチャカチャ耳慣れない音がし始めた。
コーフーさんの強化ピボットボルトはがっちり締まっているし、見た目で緩んでそうなところもない。
もしやと思ってリアサスのボルト触ってみると、ワッシャがくるくる指で回るくらいになっていた。

まんぐり返してみてみれば、自転車の自重から開放されてサスが伸びたせいかワッシャのゆるみは確認できないものの、4/3回転位増し締めすると音は消えた。

ピボット部のガタのときはボルトとカラーがあたるこもったカタカタ音だが、こっちは写真でみえるワッシャから出る軽いカシャカシャ音なので違いはすぐに分かる。

こういった音を気にせずに乗り続ける人は趣味的な自転車だけにいないだろうが、いつかはボルトが脱落して事故るか、フレームが曲がって廃車する事なんかになりかねない箇所だ。

このワッシャ間のラバーのあまりの分厚さ、ちょっと設計が逃げている感がしないでもない。
いっそブレーキシューみたいにスライドでホゾの咬合せで固定するようにして、BBシェル部のピボットボルトも少し前方に移動させ、スイングアームの間の空間も使ってストローク量を確保すればオリジナルFモールトンみたいにメインチューブからスイングアームにかけてが直線でつながってデザインがよくなると素人発想。
スポンサーサイト



comment

Secret

たぶん同じ現象が出ました

初めまして。
私はBSM-S18を昨年春に購入したので、今回が初めての冬となっています。
先週末ポタリングして帰ってきて整備していると、笹部さんと同じように、リア側がカチャカチャと音がしており、やはりワッシャがくるくる回る状態でした。
そのときは時間的余裕がなかったのでそのままでしたが、今日時間があったので同じように増し締めしようかと思ってひっくり返すと全く増し締めする余裕がありませんでした。さらにリア側を振ってもカチャカチャ音も無くなっていました。
もしかするとダブルフジのゴムが冷やされて硬くなっていただけかもしれないです。そして1週間の保管中にゴムが元の形状に戻ったのではないかと個人的に推測しています。
このブログが参考になったのでお礼も兼ねて、こちらの状況を書かせて頂きました。

No title

はじめまして。
コメントありがとうございます。
ダブルフジが冷えて縮む、それかも。
私の場合も寒い中走って帰ってきた後のカチャカチャでした。
while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。