スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブラケット握っててフルブレーキングは難しい



修理に出してたSTIが戻ってきた。
ついでにブレーキアウターワイヤーをシマノのクリアタイプにして、
バーテープは蓄光タイプのホワイトに。光る度合いは大昔にあった夜光消しゴムぐらい。

久しぶりの荒川は天気もよく、流して走るのが気持ちいい。

タクシーに突っ込んで以来、緊急時のブレーキングが気になる。車でもそうだが、あっと思った瞬間にブレーキペダルを蹴っ飛ばす位踏むというが正しいブレーキングだが、そんなの一度体験しておかないとなかなかできない。自転車でも、STIでブラケットを握っていて腕で体重を支えながらレバーを壊すくらい思い切り握らなきゃならない。レバーが遠くて指の第一関節で握っているような状態では、そんなの無理な話だ。

ST-R600には分厚い方のスペーサーを入れてあるが、手が小さいのでそれでも遠い。効き始めるまでの遊びも好みに反して大きくして、やっといい距離になった。

体重を後ろにずらしてジャックナイフを防いで限界ブレーキングしてみる。カンパのシューはSWISSSTOPの緑よりも限界域では頼りない感じがする。コントローラブルといえばそうなんだろうが・・・

スポンサーサイト



comment

Secret

No title

事故の時は、あえてコメント入れませんでしたが
大事に至らず良かったですね。自転車は壊れたようですが^^;

たしかに、ある意味、ブレーキは自転車で一番大事なパーツですよね。
ブルーノは、余り良くないとの話しを聞くので、ブレーキシューだけでも
交換するつもりですが、BSMのブレーキは、シマノのあのブレーキで
十分なんでしょうか??効きはいいようには、思うのですが。
while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。