スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Windows 7 RC アップデートインストール

DELL Inspironに新規インストールしてみて問題なさそうだったので、パーティションごと削除してアップデートインストールをやり直した。新規インストールは数十分だったが、アップデートインストールは夜中ずっとカリカリやってて相当時間がかかっていた。

総じて快調だが、タスクバーのツールバーのクイック起動がなくなったのは痛いし、面倒くさがりには重宝するソフトウェアキーボードは見た目コジャレたもののサイズを小さくできなくって邪魔である。クリックして拡大したのが実物大だ。


SQL Serverなど問題のあるプログラムはインストール時に指摘してくれる。ATIのディスプレイ関連のドライバは指摘されたが問題なかった。が、マイコー謹製マウスドライバのIntelliPointで問題が起きた。垂直ホイールがほとんど動かない。ホイール量を最大にしてもまだ足りない。同じことは昔も一度あり、またかという気分だ。レジストリエディタでScrollLinesの値を大きくしてみて、ましにはなったが快適といえるものではない。


目だったUIの機能としては、ウインドウをドラッグして上下にシェイクするとそれ以外のウインドウが全て最小化され、左右にシェイクすると元に戻るというのが話題になったが、ちょっと遊んで終わり。Vista以来のWindow+Tabキーのほうがまだ使える。

あと、ウインドウをドラッグモニタの端まで動かして最大化とか画面半分にサイズ変更する機能もどうかという感じだ。ウインドウの横スクロールバーが出ているかどうかというのは結構気にしているもので、表示されないウインドウ幅にしていたサイズが、画面半分サイズにした後はもう元には戻らない。
やはりAlt+スペースキーを使い続けるだろうし、mirrorManを変更する気も起きない。

そしてIEは、Vista+IE8よりさらに軽快になっている。SleipnirはIE8でかなり軽くなるが、これはもう必須だ。HTAはサクサクすぎて笑える。jQueryでFadeIn()するのもスクリプトか?てくらいアニメーションのタイムラグがなくなった。C系言語はOSやミドル、アプリケーションはスクリプトって分け方が本当にそうなるのかもしれないなと感じた。これはもうVistaに戻そうという気にはならないし、XPもいよいよ終わったOSだ。
スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。