スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ttler → TTLメーカーにリニューアル中

ttlinputfile.png
という、引用符が連続したりネストしているコマンドをTTLマクロで送信したい。

TTLマクロファイルでsend関数ないしsendln関数にパラメタとして渡すには文字列全体を引用符で囲まなければならないが、そうすると「'」でも「"」でも囲む範囲の開始と終了がずれるのでマクロエラーになる。

ならばマクロファイル化するときに自動的に複数行に分解してしまおうという発想で、
出力結果はこんな感じ。
ttl_outputsamp.png

サンプルソースはこんな感じ。
var sfs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var s = sfs.GetFile("ab.txt").OpenAsTextStream(1);
var f = s.ReadAll();s.Close();
  ファイルを読んで閉じてから、
var q = qType(f);
var ar = f.split(q);
var arlen = ar.length;
if(arlen ==1) document.write(ar);
else{
var qq ;
for(var i=0; i < arlen ; i++){
ar[i] = /['"]/.test(ar[i]) ? ar[i] : q+ ar[i] +q;
qq = qType(ar[i]);
qq = (q != qq) ? qq : q;
document.write("send "+ qq + ar[i] + qq +"<br>");
if(i == arlen-1) document.write("send #10");
}
}
function qType(s)
{
var dq = s.indexOf('"');
var sq = s.indexOf("'");
var iq = "'";
if(sq != -1){
if(dq == -1) iq = '"';
else if(sq < dq) iq = '"';
}
return iq;
}

スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。