スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



BSモールトン 穴あきリアサスの乗りごこち

P1010544_.jpg

前回から、大小の8つの穴を全て大にした。
リアタイヤの空気圧も0.5あげて7kg/cm2にした。
それでも路面の凹凸を拾う感じはフロントよりも小さい。

現状でも着座状態ではサスは沈まない。
せっかくの高ストローク、まだ削ることもできるが、
乗りごこちには満足したので以上だ。

P1010536.jpg

アルミ板は角を落として磨いたので、質感も上々のようだ。
画像のとおり、フレーム内を通るブレーキワイヤーはテンションがかかるとキャリパーを斜め上に引っ張り上げてしまう。さらにサスのゴムが横からワイヤーを押している。これでは、ワイヤーの前後の動きの大きいシングルポボットのブレーキはポン付けとはいかない。
なにしろ、ただでさえリアは引きが重い上に、左右のシューが同時にリムに触れるのでなければ、同じ効きに必要な腕の握力は全然違ってしまうのだ。
それで、フレキシブルタイプのアウターを付けて、接触部分は金属同士になるようにして、アウターの動きを邪魔しないようにしている。
スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。