スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ダルマイヤー・コーヒー

P1010709_.jpg
ドイツ人だってコーヒーは好きなのだ。こだわりのコーヒー豆だってある。しかしイタリア人の右に出るものではない。たまにこういうのを飲むとそう思う。チョコ風味だといっても言い過ぎではないくらいのモカベースのラバッツァをマキネッタでこってり濃いめに作ったのばかりを飲んでいると、それがコーヒーのホームベースになってしまう。

エスプレッソはもともと、安い豆で出来るだけ味を濃く抽出するために、極細に挽き、蒸気圧をかけるというものだったらしいから、イタリアンコーヒーがコーヒーの高みにあるというわけではない、というのを読んだこともある。でも、高みにあるものはいつも一緒にないから高みにあるのだ。ろくな食材を使わないのにいつも好んで食べるお好み焼きに右に出るものがないのと同じようなものなのだイタリアンコーヒーは。



スポンサーサイト



comment

Secret

while(aho.atEndofStream)

笹部 政宏
笹部 政宏
mail




フリーソフツ
Category
はてブ
Monthly Archive
New Entry
New Comment
New Trackback
RSS
Copyright © Kittens flewby me All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。